ぶりっじぱーく

ブリッジパーク

名称 ブリッジパーク
読み ぶりっじぱーく
所在地 深谷市原郷575
 
  • すべり台
  • ブランコ
  • スプリング遊具
  • アスレチック
  • 砂場
  • その他の遊具
  • トイレ
  • 駐車場
  • 自動販売機
  • オムツ交換台
  • 休憩場
  • 水飲み場

大きなローラーすべり台がある公園

まず目につくのがローラーすべり台。
赤っぽい塗装がしてあり子どもならまず乗りたがるでしょう。

一通りなんでもありブランコ、スプリング遊具もあります。

駐車場もありますが、初めて行く場合は細い道を曲がるので少し迷うかも。
ご注意ください。

深谷市 ブリッジパーク
この公園でまず目につくのはこのローラー滑り台でしょう。
bpark_buranko bpark_suberidai01
ブリッジパークのブランコは2つです。 4つある内のすべり台の1つ。一番スタンダードなもので、2歳半になれば、一人で階段登って滑れる感じです。
bpark_suberidai02 ブリッジパーク 砂場
トンネルタイプのすべり台。
ブリッジパークには4つの種類のすべり台があります。
結構大きめな砂場。
ブリッジパーク トイレ ブリッジパーク 駐車場
トイレの中にはお持つ交換台もあります。 駐車場は結構大きく、車を停めるには困らなそう。

 

アクセスガイド

籠原エリアから

深谷中央病院や楡山神社の付近です。
少し中へ入るので、初めて行く人はやや迷う可能性大です。

17号バイパスから楡山神社の方より来る場合は、深谷中央病院の近くのセブンイレブンまで来ると行きすぎです。
右側を見てると、すべり台が見えるはずです。
深谷中央病院側から来る場合は、楡山神社の信号まで行くと行きすぎです。セブンイレブンを超えたら、注意しながら左手を見ながら進みましょう。



1 thought on “ブリッジパーク

  1. 深谷は昔 レンガ造りが盛んでした。
    公園の横(ほとんど公園敷地内)に レンガを深谷駅まで運んだ 日本煉瓦製造専用線の鉄橋が残されています。
    鉄橋はポーナル型プレート・ガーダー橋と言われ、同タイプの鉄橋では国内最古のものであり、現在では深谷市指定文化財になっています。
    レンガの赤と公園の緑がとてもマッチした素敵な風景が楽しめます。

    そして そうですブリッジパークの名前の由来はこの橋があるからです。

      (※クリックで拡大表示します)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

写真付き情報をお寄せいただける方は、こちらからお願いします→

アンケートのお願い

このページは、参考になりましたか?今後の改善のため、ご意見をお知らせください。